交通事故の被害を弁護士に相談

弁護士に依頼する確かなメリット

交通事故に遭ったとき、弁護士に賠償のことなどを相談することには、確かにメリットがあります。それは私達が「自分だけでどうにかするべき」ことではなく、確実にその道のプロに頼ることによって、より良い結果を得られるためのものです。どのような事故に直面したか、ということによって、状況も変わってきます。

いわゆる『大事故』と呼ばれる事故では、単にかすり傷や打撲では済まないことも多々あります。その一つが、『後遺障害』を負ってしまった場合です。後遺障害とは、「後遺症」と同様の意味で用いられますが、その後の生活に大なり小なり影響を与える、症状のことです。小さい程度の後遺障害は「むちうち」にはじまり、症状が大きくなると「言語障害」、「歩行障害」、「記憶障害」、「視力の低下・喪失」、「四肢いずれか(部位)の部位喪失」、それらによって「常時介護が必要な状態」に陥ること、が含まれます。

後遺障害は、その症状の程度によって『等級』が認定されますが、これが何級に認定されるか、それに関連してどのくらいの保険金が適用されるか、がとても重要です。交通事故による後遺症は弁護士に依頼することで等級の認定の手助けをしてもらえます

実績の高い弁護士に依頼する

これはなんとなく理解していただければ、と思いますが、私達自身と、弁護士―果たして交渉が上手なのは、どちらでしょう。自分の方が上手い、と両手を上げて主張できる方は、きっと少ないと思います。なぜならそれは、単に「押し負ける」とか「言い負かされない」ということだけではなく、法律に関する理解の点で、大きな差があるからです。

また、保険会社によっては、『人を見られる』という点があります。保険会社からしてみると、相手が私達(被害者)の場合と、相手が弁護士の場合、では、どちらの方が、被害者側に有利な結論に落ち着きやすいでしょうか。それは言うまでもなく、法律のプロ、とも言える弁護士です。私達は、交通事故の賠償請求において、可能であれば弁護士に依頼する方が、より良い結果となる、という点を覚えておく必要があります。

だからと言って、弁護士なら誰でも良いのでしょうか。できるなら、『交通事故案件を何度も担当している』、『実績の高い』弁護士に依頼する方が良いでしょう。インターネットで実績の高い弁護士を調査したり、実際に連絡を取ってみて調べたりすることもできるでしょう。そのような手間を惜しまずに、より信頼のおける弁護士に依頼したいものです。

自力で解決しようとしてはダメ?

大抵の問題は、自分自身で解決しようとすることが普通です。自分が発端となった問題であれば、それはなおさらです。しかし、中には自分ではどうしようも無い問題、というものがあり、その場合は自分だけで解決しようとするのは愚かなこと、と言えるときもあります。では、交通事故の場合はどうでしょうか。それを、事故の被害者であっても、または加害者側であっても、怪我がほとんど無いという場合でも、自分で解決しようとすることは正しい、と言えるでしょうか。

その答えは、NOです。なぜなら、交通事故の賠償請求等においては、私達にできることは限られているからです。それは、賠償請求を私達が行えない、ということではなく、自分で行うと、本来受けるはずの、加害者側からの賠償が少なくなってしまう、ということが往々としてあり得るからです。それは一体どういうことでしょうか。

『賠償請求』というのは、簡単に言うと加害者に賠償金を請求することです。運転手は自賠責保険に加入していますから、その保険会社とのやり取りが主になります。これは、自分で行える気もしますが…実際のところ、自分自身で行うのと、『弁護士に依頼して行う』のとでは、受け取れる賠償額に大きな差が発生する、という統計があります。

交通事故被害、あなたならどうする?

危険というものは私達の身に突如として降りかかるもので、準備ができていなければ私達は大きな損失を被ることがあります。そういった損失を、もし被るという覚悟ができていれば…といった後悔の念を抱いても、時すでに遅し、という場合もあります。またそれが私達の被害であればまだしも、誰か他人に被害を負わせてしまった場合、そこには重大な責任問題が発生することもあります。私達の冒す危険は、私達だけの問題ではないのです。

さて、『突如として降りかかる』問題には、『交通事故』という問題があります。と言っても、普段安全運転をしている方には何ら関係が無い、と思われる方もおられるでしょう。しかし、決して無関係とは言えないのは、交通事故は必ずしも私達が起こすものではなく、誰かの不注意などからはじまった交通事故に、巻き込まれてしまう可能性があります。あなたは、それでも自分は無関係である、と言い切れますか?

もし、交通事故に巻き込まれてしまったら、あなたはどうするでしょうか。その場でパニックになって、取り乱してしまうでしょうか。それとも、事故の原因となった当事者に食って掛かり、いえ、そのようなこともできないほど、大怪我を負ってしまう可能性は無いでしょうか。私達はそのようなときに、もし「自分の状況が自分で判断できる状況にあるなら」、警察を呼ぶ、という基本的なこと以外に、考えなければならない点があります。それが、賠償請求等の手続きを、『弁護士に依頼する』ということです。